タクシーチケットが利用可能|カード選びの審査・申し込みサポート

HOME   >   タクシーチケットが利用可能

タクシーチケットが利用可能

タクシーチケットが利用可能

法人クレジットカードの付帯サービスとして『タクシーチケット』を発行する事が出来ます。

このタクシーチケットを利用する事で移動の度に必要となってくるタクシー費用を一本化する事が出来ますし、用途不明金など経理面でも非常に大きい恩恵があります。

特に接待や客人がタクシーを利用した際の費用の計算、手間などが掛からなくなるので有効なサービスだと言えるでしょう。

タクシーチケットの利用方法

タクシーの写真

一般的にタクシーチケットの利用方法には降車時に持っているタクシーチケットに名前と乗車区間、金額などを記入して運転手に渡すだけで利用する事が出来ます。

もちろん全ての法人クレジットカードのタクシーチケットに言えるわけではありませんし、物によっては利用方法が異なる場合もありますので、その旨しっかりと覚えておきましょう。

ただ共通しているのは経費管理が非常に楽になりますので、その分の手間や時間を簡略化する事が出来るようになります。

例えば一例としてJCBタクシーチケットの場合であれば記入項目は6項目。

利用日、利用区間、メーター料金、その他料金(立替金等)、料金合計、ご署名と記入する必要があります。

またチケットの利用金額は5桁表示の物であれば1回につき30000万円まで、4桁表示なら9999円までとなっています。

タクシーチケットの魅力

まず大きな魅力の一つが全国で提携しているタクシー会社で利用する事が可能な為、手間や立替などが必要なく高い利便性があるところでしょう。

他にも利用状況の管理も簡単に行えるようになりますし、支払先を集約する事が出来ますので各拠点や各部署におけるすべてのタクシーチケット利用分を一本化する事が出来ます。


国内出張はチケットレスで!?

TOPページ