法人カードの審査基準|カード選びの審査・申し込みサポート

HOME   >   法人カードの審査基準

法人カードの審査基準

法人クレジットカードの審査基準

パソコンで仕事 法人に限らず個人の場合においても、クレジットカードの審査基準は明確にはされていませんが、一般的には少なくとも会社が創立して3年~5年の経営期間が必要だと言われています。

もちろん、その経営期間の間に、度重なる赤字に陥っていれば、それだけ審査を通過する事が難しくなるので、可能な限り黒字の経営状態で申請する事が望ましいと言えるでしょう。

法人クレジットカードによって条件は異なるため、創立してから間もない企業や個人事業者は、複数のカードへの申し込みを行った方が良いでしょう。

ただし、あまりに申請を繰り返すことによって、たとえ経営状態が黒字であっても、
資金繰りで困っているイメージを抱かれる懸念もあります。

財務状況をチェック

上記でも触れたように、経営期間が長い方が有利にはたらきますが、どれだけ経営の期間が長く、条件を満たしているように思えても、会社の『純利益』が赤字になっていては、審査に通ることが難しくなってしまいます。

逆に、会社の経営期間が3年未満であっても経営が好調であれば審査に通ることもあります。
個人クレジットカードと同じように、利用限度額が高くなればなるほど、信頼が大切になってくるため、経営状態が黒字であることは、法人カードにおいても重要なキーポイントだと言えるでしょう。
一部銀行などの機関と友好的な関係がある場合、稀に創立3年未満であっても審査を通過するケースもあります。

条件はすべて可能性の問題として程度の情報しか公表されることがないため、あまりアテにはしない方が良いでしょう。


メリットとデメリットとは!?

TOPページ